下痢 漏らす 病気 対処法

下痢を漏らす病気の原因と対処法

スポンサーリンク

お腹がゆるくなるなどで、下痢になってしまうことはありますが漏らす状態になっていれば、病気として扱われます。
高齢者だけのものではなく、若年の人でも下痢を漏らすケースが存在しています。
そのため医師にも相談しづらいと言えます。
ただ、病気の可能性がありますので病院に行くことは必要です。
早めに相談したほうが症状を改善しやすくなります。
気付かないうちに漏らすのか、トイレに間に合わなくて漏らしてしまうのかによっても、対処法が変わりますので相談する時は、きちんと伝えておくとよいです。
原因は様々ありますが、間に合わないならば肛門周りの筋力が低下しているために起きている可能性が高いです。
下半身を中心に運動を行い、筋力を上げていくことで改善することも多いです。
ストレス解消にもなりますので、体を動かすことから始めてみるとよいです。

スポンサーリンク

気付かないうちに、下痢を漏らしている場合、体に異常が起きていることも珍しくありません。
神経など、なかなか気付きにくいところが原因であれば自力で回復させることは難しいので、無意識に漏らすことが多いならば早めに病院で診てもらうとよいです。
肛門周りを手術した時も、下痢を漏らしやすくなっていることがあります。
しっかりとコントロールするためには、運動だけではなくそもそも下痢にならないように工夫することも必要です。
対処法として食生活を見直してお腹を冷やさないようにする、または決まった時間に排便するようにしていけば、漏らすリスクを減らすことができます。
肉体だけではなく精神的なことも関わっている可能性もありますので、不調を感じたらしっかりと休むことです。
排便がコントロールできないということは、病気ですので治療を受けることは恥ずかしいことではありません。

スポンサーリンク