一日中 腹痛 原因

一日中腹痛が続く原因

スポンサーリンク

腹痛といえば賞味期限の切れた食品を食べた時などに引き起こすものだというイメージがあるかもしれません。
しかし、食べ物だけでなくストレスが原因で引き起こすケースもあります。
特に人間関係のストレスにより腹痛が起こる方が多いようです。
ストレスがきっかけでの腹痛が発生しやすい時間帯は圧倒的に朝です。
これは多くの方の通勤・通学の時間帯が朝だからです。
これから学校、または会社に行かないといけないというストレスから朝の電車内で腹痛を引き起こすのです。
これが原因で途中の駅で降りてトイレに駆け込み、遅刻して怒られまたストレスが増えて症状が悪化する、などという悪循環に陥るケースもあるようです。
また、朝だけでなく受けているストレスの強さによっては一日中腹痛が続く、という方も少なくないとのこと。
そのことが原因で生活に支障をきたす方も多いとか。

スポンサーリンク

それだけでなく、「こんな日々がずっと続くのか」と鬱など、他の病気を併発することもあるようです。
慢性的な痛みが毎日(場合によってはそれが一日中)続くのは想像を絶するほどの苦しみでしょう。
一昔前は、このことを職場の上司などに相談しても「腹が痛いぐらいで甘えるな」と逆に叱られ、なかなか理解を得られないといったことも多かったようです。
しかし、インターネットが普及して誰でも何でも検索できるようになってからはこの症状に関しても知名度が高くなり、一般層にもある程度の理解が出てきたようです。
ストレスがなくなれば、お腹も痛くなくなってきます。
しかし、ストレスを受けずに生活するのはほぼ不可能だと思いますので、ストレスといかにうまく付き合っていくかが大きな課題といえましょう。
この病気とうまく付き合っていくには自分なりのストレス解消法をいくつか作っておくことが一番大切なのです。

スポンサーリンク