胃腸炎 嘔吐なし

嘔吐なしでも胃腸炎を起こしている可能性

スポンサーリンク

胃腸炎とは胃や大腸、小腸で何らかの炎症が起きている状態のことですが、ウイルスや細菌の感染が原因である場合は感染性胃腸炎と呼ばれます。
特に、冬、風邪が流行る時期にはウイルス性の感染性胃腸炎、すなわちウイルス性胃腸炎に苦しむ方も多く見られます。
ウイルス性胃腸炎は、おなかの風邪ですので、発熱、頭痛といった通常の風邪の症状に加え、嘔吐、吐き気、腹痛、下痢も併発することが特徴です。
また、急性でもあるので、気が付けば高熱が出て、続けて食べたものを吐いて、お腹をくだしてと、あっという間に症状が悪化する傾向があります。
しかし、ある日突然、ウイルス性胃腸炎にかかってしまう訳ではありません。
嘔吐なしの段階でウイルス性胃腸炎の前兆をつかむことができれば、早めに手を打つことができます。
結果として、症状が悪化する前に治療や処置を受けることができ、その分、体の回復も早くなります。
嘔吐なしでも下痢をしたらウイルス性胃腸炎を疑うことがポイントです。

スポンサーリンク

ウイルス性胃腸炎の原因はウイルスです。
ウイルスが体内に入ってしまった場合、そのウイルスを体の外へ出すために、まず下痢が起こります。
下痢によって無事にウイルスを体の外へ追い出すことができればよいのですが、下痢だけでは取り除くことができないと、しばらくして嘔吐が始まります。
嘔吐によってウイルスを体外へ出そうとするのです。
この時点では胃腸炎もひどくなっていますから、胃や腸は何も受けつけてくれず、薬はおろか水を飲んでも吐いてしまいます。
このような辛い症状に苦しまないように、何の心当たりもなく、特に食事に問題がないのに突然下痢を起こした場合、ウイルス性胃腸炎の可能性を考える必要があります。
嘔吐なしの状態であっても、体調不良と胃腸への負担を自覚することが重要です。
様子を見て微熱や体のだるさを強く感じてきたら、直ぐに医師の診察を受けてください。
吐き気、嘔吐が起こる前であれば、医師が処方した薬や水分を飲むことで症状も軽くて済みます。

スポンサーリンク