嘔吐 下痢 子供 期間

子供が嘔吐や下痢を発症した場合における治療までの期間について

スポンサーリンク

子供は大人に比べて全体的に免疫力が低下しているため、嘔吐や下痢のような症状を発症した場合でも治療期間が異なっています。
そこで子供がこういった症状を発症した場合において、どのくらいの治療日数がかかるのが調べていきます。
基本的に嘔吐する時間については数時間から1日程度となっており、放置をしておいても自然の止まるのが特徴でもあります。
その際に水分補給をさせてしまうことによって、さらに下痢の症状が悪化することがあるので注意が必要です。
水分補給については与えないようにして、的確な状態で治療を行っていくことがポイントです。
ですが嘔吐が完全に治まった状態になれば、与えすぎなければ飲み物をあげても大丈夫です。
しかし冷たい飲み物はお腹を壊してしまうため、常温の状態にして与える必要がある点について覚えておくと良いです。
このようにすれば治療期間も数時間から1日程度で治まるため、自宅でも簡単に行えるので予備知識として覚えておくと便利です。

スポンサーリンク

幼稚園児から小学生くらいの子供が嘔吐や下痢を発症した場合には、適切な対応をしていれば1日も期間があれば症状が治まることが多いです。
そこで今度は中学生以上の場合について説明をしていくと、同様の症状であっても半日も期間があれば完治することが多くなっています。
大人ほどの免疫力はありませんが、小学生以下に比べると抵抗力が付いている世代や年齢でもあります。
そのため病気や怪我の治りも若干早くなっており、適切な対応をすれば数時間から半日ほどで完治していきます。
なお対処法については基本的に共通しているため、冷たい飲み物を与えないなどの注意事項があります。
また消化の良い食べ物を作ってあげることについても、体調回復を促進させるために有効な方法となっています。
嘔吐や下痢が続いたことで体力を消耗しているため、消化の良い食べ物が体力回復に効果的となっています。
基本的に小学生以下の子供と対応は同じなので、注意して応急処置を行えば症状が安定することが多いのが特徴です。

スポンサーリンク