下痢 泡状 原因

泡状の下痢が出る原因とは

スポンサーリンク

下痢というものは、大きく分けて急性のものと慢性のものがあります。
急性のものは、その名の通りお腹が急に痛くなります。
さらにその中でも非感染の場合の原因としては、暴飲暴食や冷え、アレルギー、ストレス、薬の副作用などがあります。
対して感染による場合には発熱や吐き気、悪臭などを伴い、原因としては細菌やウイルス、原虫、赤痢やコレラ、食中毒があります。
慢性の下痢は、2週間以上症状が続き、良くなったり悪くなったりを繰り返します。
このような下痢の原因としては、ストレス、過労、睡眠不足、不規則な生活、人間関係のトラブル、全身疾患、泌尿器の疾患、抗生物質の副作用などがあります。
そんな中で、泡状の下痢を経験した人は、どのような状況下で起きたのでしょうか。
これは、慢性のものに見られる症状です。
ここからは、そのような便の理由について見て行きましょう。

スポンサーリンク

通常、人間の体内では口から入った食べ物を消化するための胆汁が胆のうから出ています。
しかし、これが腸内に少ない状態になると、カルシウムやビタミンDの吸収が悪くなってしまい、栄養不足になってしまうのです。
また補足ですが、上記のような栄養素が上手に吸収出来なくなると、骨粗鬆症になりやすくなったりします。
これは血液凝固に必要なビタミンKが不足しているからなのです。
話を戻して、下痢が泡状になってしまう直接的な原因としては、直腸や大腸など腸に炎症が起きることでバランスが崩れ、それらの内部を覆っている粘膜が泡立って便と一緒に出てしまうということです。
これが、便に混じる泡の正体です。
これに似た現象としては、風邪などをひいた時の鼻水があります。
鼻水も鼻の中の粘膜が泡状になって出て来るものです。
ですから、泡は鼻水同様、粘膜が外に出てしまった結果と考えられるのです。

スポンサーリンク