下痢 音 消す 方法

恥ずかしい下痢の音を消す方法

スポンサーリンク

毎日快便であることは、健康的に過ごすために必要不可欠なことです。
人間は口から食物を食べ消化して外に出すという活動の中で、エネルギーを作り出しています。
その消化の過程で便ができるのです。
しかし、いつも同じ状態の便が出てくることはありません。
硬い便の時や軟らかい便の時があります。
軟らかすぎて固形でない時の便は、下痢と呼ばれます。
下痢は、便が固形ではなく、食べたものが消化されず原型を留めたまま出てくることがある状態です。
時には、腹部の違和感や腹痛を伴うことがあります。
多くの人は下痢をすると「お腹の調子が悪い」と表現します。
調子が悪いためにこれを止めようとして、薬を飲んだりしたがりますが、止めることは良くないといわれます。
身体の中に入ってきた物を、身体が何かしらの異物であると判断するため、半ば強制的に外に出そうとする防御反応の結果であるからです。

スポンサーリンク

そうは言っても、お腹を下すことはあまり気持ちのよいものではありません。
会議や授業など、ある一定時間拘束される場合は、いつトイレに行きたくなるのかとひやひやしてしまうものです。
トイレが近い場所にあるようならまだ救いはありますが、トイレが遠い場所にある時には間に合わなくて失敗してしまうのではないかと、最悪な事態を想定してしまうこともあります。
また、トイレでの問題もあります。
トイレでの用をたす時の音には気を遣うものですが、下痢の時のそれには凄まじいものがあります。
隣の個室に誰かいる場合には、それでとても恥ずかしい思いをするのです。
そこで、その音を消すための方法が登場となります。
音が出そうな時には、トイレの水を流すレバーやボタンを少し押して水を流し、音を掻き消すようにするのです。
これにより、タイミングを合わせれば上手に消すことができます。
このように、下痢の音で恥ずかしい思いをしないようにするために、ちょっとした工夫が必要になります。

スポンサーリンク