下痢 お尻 痛い 薬

下痢発症時にお尻が痛い時に効く薬

スポンサーリンク

下痢になるとトイレに行く機会が自然に増加することから、自然とお尻が傷つきやすくなり痛いと感じることが多いです。
その際に薬を使用して症状を完治させていくことが出来ますが、1つめにワセリンという保湿剤を使う方法があります。
元々保湿剤として販売されている商品であるため、肌や皮膚を傷つける成分が基本的に配合されていないのが特徴です。
また皮膚の乾燥を防ぐ商品として販売されているので、日本全国のドラックストアで購入することが可能です。
さらに痔の薬のように、購入する際に恥ずかしい気持ちになるといったこともないです。
なので仕事帰りなどにドラックストアに立ち寄ることによって、誰でも購入出来るのがこの商品の長所となっています。
同時に保湿剤として使用出来る商品なので、乾燥肌の方にも非常におすすめ出来る医薬品となっています。

スポンサーリンク

 下痢になってお尻が痛いと感じた時にする2つめの対処法として、医療機関で治療薬を処方してもらうことがあります。
主にお尻の症状や病気となっていることから、肛門科という診療科を受診することによって治療が行えます。
下痢を始め便秘といったお尻の病気の専門クリニックとなっているので、そこで症状にあった治療薬を処方してもらえるのが特徴です。
またプライベートにおいて充実していることが多く、基本的に予約制となっているクリニックが多いです。
そのため他の患者と顔を合わせるといったこともないため、恥ずかしい思いをするといったこともないです。
市販されている商品に比べて高い効果が得られるので、自宅の近くに肛門科がある場合には活用することが出来ます。
同時に医師によって直接症状を確認してもらえるため、今現在の自分がどんな状態であるかを客観的に知ることも可能です。

スポンサーリンク