下痢 蕁麻疹 原因

下痢の時に出る蕁麻疹の原因

スポンサーリンク

急性胃腸炎をご存知でしょうか。
主にサルモネラ菌やカンピロバクター、そしてロタウイルスが原因で、嘔吐や下痢といった症状が出る病気です。
特に最近はロタウイルスの感染が話題になっており、この場合は白色の便が出ます。
また発熱や頭痛を伴うこともあり、ひどい時には入院が必要になることもあります。
細菌やウイルス以外には、ストレスによって起こることもあります。
これはストレスによって自律神経のバランスが崩れ、その結果胃腸炎を引き起こしてしまうのです。
このような場合は、下痢止めの薬を使いたくなりますが、それは避けてください。
なぜかといえば、下痢は体内のウイルスを排出するため起こっているからなのです。
それを薬で止めてしまうと、ウイルスがいつまでも体内にとどまることになり、かえってよくありません。
胃腸炎にかかった時は、できるだけ安静にするのが一番です。

スポンサーリンク

またこのような時は、食事にも気を付けましょう。
消化のいい物を食べる、あるいは水分をこまめに補給するなどして、できるだけカフェインや刺激物は摂らないようにしてください。
脂っこいものも避けるようにしましょう。
弱っている胃腸を刺激して、よけい下痢がひどくなる原因を作り出してしまいますし、また、それに加えて蕁麻疹の原因となることもあります。
体力が弱ると、どうしも蕁麻疹が出やすくなります。
そのような時は、普段は何ら影響のない食物でも蕁麻疹の原因となることもありますし、ひどく弱っている時は、卵など食物アレルギーのもととなるやすい食物も避けた方がいいといわれています。
また、ストレスが原因となることもありますので、ストレスを極力ためないようにしましょう。
そして、帰宅したらうがいと手洗いを必ずするように習慣づけて、急性胃腸炎そのものにかかりにくい体を作りましょう。

スポンサーリンク