下痢 便 泡 原因 対処

泡を伴う下痢便の原因と対処法

スポンサーリンク

便は体の健康状態を表す指標とも言えるものです。
理想としては、7〜8割程度が水分で適度な粘度を持っているというものですが、下痢である場合には、その水分量は8〜9割となり、場合によっては9割を超えることもあります。
水分量が9割を超えた場合には、泡を伴い、便の形はとどめてはいません。
このような泡を伴う下痢のことを水下痢といいます。
原因として考えられることとしては、ウイルスや細菌、食中毒などによる急性胃腸炎があります。
これは、異物を素早く体外に排出させようという体の防御機能が働くためであり、腹痛や吐き気などを伴う場合もあります。
そして、もう1つの原因としては、ストレスなどにより、腸の働きが活性化されている状態にあるということです。
普段から腸がデリケートな人が起こしやすく、強い緊張感などを感じることで引き起こされるケースが多いようです。

スポンサーリンク

対処法としては、まず水分をしっかりと摂取するということがあります。
下痢になると、本来であれば吸収されるべき水分のほとんどが体外に排出されてしまうため、体が脱水状態になってしまうことがあります。
吐き気が出ている場合には注意が必要ですが、そうでない場合には、少しずつ水分を摂取するようにしましょう。
ぬるめの白湯やスポーツドリンクがおすすめです。
一気に水分を摂取してしまうと、吐き気に繋がる可能性がありますので避けるようにします。
自己判断で市販の薬などを服用してしまうと、排出されるべきウイルスや細菌が腸内にとどまっている時間が長くなってしまうため、場合によっては症状を悪化させてしまう可能性があります。
なるべく早めに病院を受診し、下痢となっている原因を把握した上で、適切な対処をするということが大切になります。

スポンサーリンク