便 粘液 白い

白い粘液が便に混じる原因とは

スポンサーリンク

便に粘液が付着している場合や粘液だけが出ているような場合は、粘液便といいます。
色は、白いことが一般的ですが、ピンク色や赤色である場合もあります。
原因としては、大腸が傷ついているということが考えられます。
傷ついた大腸は、その傷を修復するべく、粘液を出すわけですが、これが便と一緒になって出てきているというわけです。
大腸の傷が修復されれば、そのようなことは無くなりますが、なかなか治まらないという場合には、病気が原因となっている可能性がありますので、注意が必要です。
気になるようであれば、一度、医療機関を受診するようにしましょう。
白いヨーグルトのようなものや透明な膜のようなものが少しだけ出てくるという場合には、それほど心配する必要はありません。
これは、便の流れをスムーズにするためのものであると考えても良いでしょう。

スポンサーリンク

便に混じる粘液が白ではなく、赤色であった場合には、大腸からの出血が疑われます。
鮮やかな赤である場合には、比較的肛門から近い部分、くすんだ茶色のような色の場合には、肛門から遠い部分で出血していると考えられます。
いずれの場合もすぐに病院を受診する必要があります。
また、白でも赤でもなく、緑色であった場合には、胆嚢という臓器から分泌される胆汁に含まれている色素が酸化したためにこのような色になると言われています。
この場合は、それほど心配する必要はないと言われていますが、続くようであれば、医療機関へ相談するようにしたほうが良いでしょう。
症状が続くと、神経質になってしまうこともあるかもしれませんが、その時に感じているストレスや不安などが症状を悪化させる原因となっている可能性もあります。
軽視しすぎるのもよくありませんが、神経質になりすぎるのも良くありません。

スポンサーリンク