下痢が続く 2日 原因

2日以上下痢が続くのは、何が原因ですか?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「2日以上下痢が続くのは、何が原因ですか?」というテーマでお話をしていきたいと思います。
人が口にする食べ物には、火を通した物でも、多少は菌がついています。
健康体ですと、そのような細菌が体内に入っても抵抗力があるので、細菌の増殖を抑え、病気を引き起こさないのですが、身体の抵抗力が落ちていると、細菌が増殖してしまい、胃腸炎が起こります。
皆さんも、寝不足、過労、育児疲れ、勉強のし過ぎなどの時に、このような経験をしたことがないでしょうか?
また、口にする食べ物に大量の細菌が付いていた場合、胃腸炎になります。
例えば夏場に食中毒が発生するのは、気温が上昇し、細菌が増殖するために刺し身などの生物や肉類、ハム等を食べても発症します。
キャンピロバクターというあまり聞き慣れない菌がありますが、この菌が付いている食べ物を食べてから、2、3日から1週間後に下痢が起こることがあります。
この最近は、毒の力があまり強くないため、食べてから潜伏期間に菌が徐々に増殖し、一定量に達した時に発症するのです。

スポンサーリンク

他には、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ菌、赤痢菌など、強い毒力のある菌を摂取してしまった場合に、発症します。
毒力が強いので、食べ物を食べてから発症するまで、5〜8時間くらいで起こります。
発症すると、2日間、水下痢が続きます。
下痢の回数が多く、脱水症状も起こすため、すぐに病院にかかる必要があります。
吐き気も伴い水分補給が出来ない場合は、点滴をします。
この下痢の症状が起こっている場合は、胃腸に固形物を取り入れないほうが良いでしょう。
胃腸が消化する能力を失っているので、下痢がまた起こるだけです。
それと牛乳もやめておきましょう。
水分補給を中心に、症状が少し良くなったら、うどんやおかゆを食べ始めましょう。
また、下痢便がついたまま、小さいお子さんを触ると、お子さんに菌が移りますので、手洗いを十分にしてくださいね。
どうぞお大事になさってください!

スポンサーリンク