抗生物質 副作用 下痢

抗生物質の副作用で下痢をしてしまう原因

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「抗生物質の副作用で下痢をしてしまう原因」というテーマでお話をしていきたいと思います。
皆さんは、風邪を引いて、抗生物質を処方してもらったこと、ありますか?
私は、一旦風邪を引くと、咳が長引いて大変で、毎回、抗生物質を内服します。
ところが、抗生物質を内服したことが原因で、下痢をしてしまう方がたくさんいるんです。
どうして、このような症状が起こるのでしょうか?
抗生物質は、身体の中にいる細菌を退治して、細菌が増殖するのを阻害してくれる物質です。
飲み薬の抗生物質は、腸内にある悪い細菌を退治してくれるのです。

スポンサーリンク

この抗生物質のおかげで、細菌感染は克服され、人類の平均寿命は伸びたのです。
ですが、抗生物質は、病気の原因となる菌だけではなく、腸内環境を整えてくれる良い菌まで殺してしまいます。
そのため、腸内にある細菌のバランスが崩れてしまい、結果として下痢を起こしてしまうのです。
抗生物質の服用を辞めて、また、腸内細菌のバランスが元のように良くなると自然と下痢も止まります。
元々、風邪を引いている時は、身体の免疫力が落ちているのですから、抗生物質を内服するとますます体調が悪くなって下痢になってしまうのですね。
だから、1日に何度も下痢の症状が現れるようでしたら、抗生物質の服用を辞めて、病院で再度相談してみてください。
抗生物質の種類を変えてもらったり、整腸剤を一緒に処方してもらうことができるはずです。
また、普段から体調管理をして、風邪を引かないような身体づくりをしていきましょうね。
どうぞお大事になさってください!

スポンサーリンク