下痢 白い便 大人 原因

大人の下痢で白い便は何が原因ですか?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「大人の下痢で白い便は何が原因ですか?」というテーマでお話をしていきたいと思います。
仕事で忙しくしている毎日。ある朝起きたら、高熱が出て、胸がムカムカする。
しかも、トイレに行ったら、下痢をしていて白い便が出てきた。
こんな事があったら、何か病気なのではないかと思ってしまいますよね?
この場合、ロタウィルスに感染し、ロタウィルス下痢症にかかっている可能性があります。
ロタウィルスは、感染力が強く、特に2歳くらいまでの乳幼児がかかりやすいと言われています。
ですので、冬の時期に乳幼児に嘔吐や下痢の症状が出たら、大半はロタウィスルが原因なのです。
便は、米のとぎ汁のような白い水様性のものが出るため、白色便性下痢や白痢とも呼ばれています。

スポンサーリンク

ロタウィルスは、経口感染します。
つまり、ロタウィルス菌がついた食べ物や飲み物を摂取して感染した人の吐いたものや下痢便に何らかの形で触れるとまた、感染するのです。
例えば、小さいお子さんが吐いた物が付いている服や床を綺麗に洗濯、掃除しても、ロタウィルスは残り、今度は乾くと空中に漂っているため、二次感染が起こるのです。
大人の場合は、このようなお子さんからの二次感染で発症することが多いようです。
ロタウィルスは感染してから、1日から2日ほど、潜伏期間があります。
そして、発症すると、発熱、嘔吐、下痢などの症状が現れます。
1日に5回から6回も嘔吐する事が多いのが特徴です。
下痢による脱水症状も見られるので、水分補給には気をつけるようにしましょう。
病院には早めに行かれる事を強くお勧めします。
大人の場合、下痢症状は2〜3日続きますが、大体、3日〜1週間で治まります。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク