水下痢 一週間

水下痢が一週間続くのは、どうしてですか?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「水下痢が一週間続くのは、どうしてですか?」というテーマでお話をしていきたいと思います。
皆さんは、水下痢とはどんな状態なのか、ご存知でしょうか?
理想的な便は、70〜80パーセントの水分を含んで適度な粘土があります。
これに対して、下痢便になると、水分を80パーセントから90パーセント含むようになり、水分を含む量が、90パーセント以上は水下痢と呼ばれています。
この水下痢はどうして起こるのでしょうか?
日常、どのような生活を送っていると起こるのか一緒に考えてみましょう。
1.暴飲暴食
当たり前とも言えますが、飲み過ぎ、食べ過ぎは下痢の原因となります。
特に身体が疲労している時は、消化機能が弱っているので、下痢になりやすいのです。

スポンサーリンク

2.香辛料などの刺激物やアルコール摂取をした場合
香辛料やアルコールを多量に摂取すると胃酸が過剰に分泌されるので胃壁の粘膜が傷ついたり、腸のぜん動運動が異常に活発になり、結果として水下痢が起こります。
3.身体の冷えから来る消化機能の低下
身体が冷え性になっていたり、冷たい飲み物を飲み過ぎると胃腸が冷やされるので血行が悪くなり、消化機能の低下のために下痢になります。
4.ウィルスや細菌感染によるもの
風邪、赤痢、食中毒などウィルスや細菌の感染が原因で下痢の症状を起こすことがあります。
症状としては、吐き気、発熱、腹痛などが下痢と一緒に現れます。
5.ストレスによるもの
職場や家庭でストレスを感じたり、緊張状態が続くと腸の動きをコントロールする自律神経の機能が乱れ、腸が痙攣を起こすことがあります。
その結果、下痢や便秘になったり、下痢と便秘を交互に繰り返す過敏性腸症候群になってしまうのです。
このように、水下痢になる原因も色々とあります。
ですので、普段の生活の中で、思い当たるフシがあったら、なるべく生活習慣を変えるよう、努めて行きましょう!
どうぞお大事になさってくださいね!

スポンサーリンク