1歳 下痢 効果的

1歳の子が下痢になった時の効果的な治療法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、1歳の子が下痢になった時の効果的な治療法というテーマでお話していきたいと思います。
1歳の子が下痢になる原因は色々と考えられますが、一つに嘔吐下痢症、別名、感染性胃腸炎が挙げられます。
この感染性胃腸炎はウィルス性と細菌性に分けられます。
ウィルス性胃腸炎が冬場に多いのに対して、細菌性胃腸炎は夏場に発症するのが特徴です。
症状は、吐き気や下痢が起こり、発熱することもあります。
治療は、水分補給や食事療法を行うことが大事ですが、他にも吐き気止め、下痢止め、整腸剤、抗生剤などを使っていきます。
この食事療法のポイントを幾つか挙げてみますね。

スポンサーリンク

・下痢によりナトリウム、カリウムなどのミネラル成分が水分と共に失われます。
ですので番茶、野菜スープ、りんご果汁などで頻繁に補給をすることが大事です。
温度は、室温にするように気をつけてください。
・食欲がある場合は、消化吸収がよく、便も固まりやすいでんぷんを中心に与えるとよいでしょう。
重湯やおかゆは塩分や水分を吸収するためによく、脱水症状の治療にもよいのでお勧めです。
・にんじんやりんごに含まれるペクトンは下痢に効果があります。
すりおろして調理してくださいね。
・食事制限を、長い期間することは健康のためによくありません。
食欲が出てきたら、白身魚・豆腐などのタンパク質や野菜、穀類などを組み合わせて調理してみてくださいね。
特に水下痢の時には、りんごのくず煮、豆腐とかぶのスープ、裏ごし野菜、便がドロドロの時には、うどんの卵とじやりんご入りパンがゆ等がいいでしょう。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク