腸炎 治らない 下痢 

腸炎で下痢が治らない場合の対処法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、下痢で腸炎が治らない場合の対処法というテーマでお話をしていきたいと思います。
胃腸炎で下痢になってしまうと辛いものです。
仕事中もいつ下痢になるか、心配で集中出来ないし、何度もトイレに行くのも恥ずかしいです。
一体、どんな方法で、治していけばいいのでしょうか?
1.食事で治す
下痢の時には、腸に異常が起こっています。
なので、本来ですと、腸を休ませればいいのですが、人間誰でもお腹がすきます。
ですので、腸に負担が少ない食事や整腸作用のある食材を使った食事を心がけましょう。
うどん
うどんは消化がよく、下痢の時にもオススメの食材です。
おかゆよりもタンパク質やエネルギーが多く含まれているので、量を少なめに摂っても栄養補給が出来ます。

スポンサーリンク

人参
人参のペクトンという植物繊維は下痢で悪化している腸を回復させる働きがあります。
じゃがいも
じゃがいもにも、ペクトンが多く含まれているので、下痢でダメージを受けている腸のためにいいです。
また、粘膜を保護する作用もあります。
白身魚
タンパク質を効率よく、摂取したいのであれば、白身魚がお勧めです。
消化が良いので、茹でて、うどんやおかゆと一緒に召し上がってくださいね。
2.下痢の時に、摂取してはいけないもの
下痢の時には、刺激物は避けておきましょう。
アルコール、カフェイン、香辛料などの刺激物は胃酸過多となり、胃の粘膜を傷つけてしまいます。
また、砂糖の摂り過ぎもよくありません。
砂糖を摂取すると、腸内の浸透圧が高くなり、水分が分泌され、結果として下痢の症状が進行してしまうからです。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク