水下痢が続く 原因 対処法

水下痢が続く原因と対処法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、水下痢が続く原因と対処法というテーマでお話しをしていきたいと思います。
皆さんは、便の理想的な水分はどのくらいであるべきかご存知ですか?
70%から80%水分を含んでいる便が適度な粘土もあり、理想的だと言われています。
ですが、下痢になると、水分を含む量は80%から90%になり、水分を含む量が90パーセントを超えると水下痢と呼ばれるようになります。
この下痢はどうして起こるのでしょうか?
正常な腸ですと、内容物に含まれる水分が体内で吸収されるので、適度な水分を含む便が排出されるのですが、ここの腸の運動が、何らかの原因で過剰になると、内容物が早く通過してしまい、体内で水分が十分吸収されなくなります。
そして残った水分と便が混ざり合うため、下痢の症状が現れるのです。
この水下痢になる原因には、細菌やウィルス、食あたりや食中毒による急性胃腸炎であると言われています。
そして急性胃腸炎になると、体内で防御作用が起きるので、口から入ったものを異物と判断し、早急に外に排出しようとする働きをするため、水下痢になるのです。

スポンサーリンク

また、職場や家庭、学校などで強いストレスを感じると過敏性腸症候群になりがちです。
この過敏性腸症候群にかかると、腸の働きが異常に活発になり、水下痢を発症します。
それでは、この水下痢が続く場合は、どのように対処していったらいいのでしょうか?
水下痢を起こしている時は、脱水症状になっている可能性がありますので、こまめな水分補給が必要です。
ぬるめの白湯や身体に優しいフルーツティー、番茶、常温のスポーツドリンクなどを少しずつ飲むようにしましょう。
それから、上にも挙げましたように、急性胃腸炎になっている可能性がありますから、病院にて早急に受診するのがいいでしょう。
また、水分補給がいいからといって、冷たい飲み物を一気に飲み干すことは、逆効果ですので、気をつけてくださいね。
どうぞお大事になさってください。

スポンサーリンク