大人の下痢 原因 対処法

大人の下痢の原因と対処法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、大人の下痢の原因と対処法というテーマでお話ししていきたいと思います。
皆さんは、下痢がどんな状態の便なのかをご存知でしょうか?
正常な便は、70から80パーセントの水分を含んでいるのですが、90パーセントの水分を含むようになると便が泥状になります。
この泥状の便の排泄が一日に数回起こる症状を下痢と言うのです。
下痢にも2種類あり、急性と慢性があります。
急性の場合は、数日で治まりますが、慢性の場合ですと下痢は2週間以上続きます。
下痢が起こる原因には色々とありますが、身体に害になるものを体外に排出しようとして起こります。
ですので、下痢は身体を守るための大事な働きでもあるのです。
大人の下痢の主な原因は次の通りです。

スポンサーリンク

1.暴飲暴食
2.牛乳の飲み過ぎ
牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素が体内に乏しい人は、牛乳を飲み過ぎると下痢を起こします。
3.アルコールの飲み過ぎ
4.魚介類や穀類などの特定の食物に対してアレルギーを持っている方は、下痢を引き起こすことがあります。
5.ウィルスや細菌
ウィルスが体内に侵入すると下痢を起こすことがあります。
6.旅行者下痢症
まれに見られることですが、発展途上国へ旅行に行った際に、生水を飲むと、中に含まれている細菌によって下痢を引き起こすことがあります。
7.身体の冷え
身体の冷えも下痢の原因になります。
ご注意ください。
下痢を発症したら、発症の原因となるものをすべて出してしまい、腸管内を空にしましょう。
その上で、食事を取る際には、少量を召し上がるようにし、なるべく消化の悪いものは避けるようにしてください。
また、脱水症状に見舞われることがありますので、水分補給には気をつけてくださいね。
どうぞお大事になさってください。

スポンサーリンク