嘔吐 下痢 熱なし 大人

大人で嘔吐と下痢があり、熱なしの症状は何かの病気ですか?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、大人で嘔吐と下痢があり、熱なしの症状は何かの病気ですか?というテーマでお話ししていきたいと思います。
夜中に嘔吐と下痢を繰り返した。でも熱はない。食べ物は家族と一緒だから、食中毒とは考えられない。
こういうことが身の上に起こったら、何かの病気にかかっているのだろうかと考えてしまいますよね。
この場合、嘔吐下痢症にかかっている可能性が高いです。
この嘔吐下痢症とは、ノロウィルスやアデノウィルス、ロタウィルス等のウィルスが体内に入り、下痢や酷い嘔吐に襲われる病気です。
熱は出ない場合が多いのも特徴で、出たとしても38度前後なので高熱にはなりません。
下痢や嘔吐は短い期間で治まるのですが、脱水症状を起こしやすいので気をつけなければいけない疾患です。
嘔吐下痢症の症状はある日突然現れます。
だから夜中に突然、嘔吐や下痢といった症状に見舞われるのです。
人によっては、下痢だけや嘔吐だけの場合もあります。

スポンサーリンク

また、嘔吐は一日程度で治まっても、下痢は1週間くらい長引く場合もあります。
嘔吐下痢症の主な原因は、ウィルス感染です。
体内にウィルスが侵入すると、身体がこのウィルスを追い出そうとして下痢や嘔吐になります。
季節によって、感染するウィルスが異なることも特徴の一つです。
下痢と嘔吐で脱水症状になりやすいので水分補給が大事になります。
また、水分は一度に摂取するのではなく、少しずつ取るようにし、食事は胃腸に優しい物を召し上がるように気をつけてくださいね。
揚げ物などは、胃腸の負担になりますので、避けるようにしてください。
それと、感染の疑いがある場合は、医療機関にて検査を受け、適切な治療を受けるようにしてくださいね。
また、家族に移らないように、タオルは別々に使用し、マスクを着用することをお勧めします。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク