水下痢 泡

泡を伴う水下痢について

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でいらっしゃいますか?
今回は、泡を伴う水下痢についてというテーマでお話しをしていきたいと思います。
便を見ると健康状態が分かると言われます。
その際のチェックポイントは、色、形、臭いです。
水下痢の症状が出ている場合は、特に注意が必要です。
水下痢の原因と対処法
皆さんは、理想的な便の水分量がどのくらいかご存知ですか?
大体、70〜80パーセントで適度な粘土であるのが理想的なのです。
ですが、下痢になると水分量は80〜90パーセントと多くなり、特に90パーセントを超えた便は形をとどめないので水下痢と呼ばれています。
下痢はどうして起こるのか、皆さんご存知ですか?

スポンサーリンク

腸の運動が過剰になると消化物が体内で早く通過してしまうため、身体が水分を十分に吸収できなくなるのです。
そしてこの水分と便が混ざり合うので下痢の症状が起こるのです。
水下痢になる原因には、食中毒や細菌、ウィルス、食あたりによる急性の胃腸炎です。
急性の胃腸炎になると、体内で防御反応が起きて、口から入ったものを異物と判断すると体外へ早く排泄しようとします。
そのために、いつもの下痢よりも水っぽくなるのです。
水下痢になり、泡を伴っている場合は、本来、身体で吸収するべき水分が多く排出されているため、脱水症状になりがちです。
ですので、常温のスポーツドリンクやぬるま湯の白湯などをこまめに補給するようにしましょう。
それと、食中毒や細菌、ウィルスによる急性の胃腸炎の可能性もありますので、その場合は、医療機関で早急に診察を受けるようにしましょう。
水下痢になったからといってすぐに市販の下痢止め薬などを内服することは避けた方がいいでしょう。
何故なら、身体に侵入した細菌やウィルスを体外に排出しようとして下痢になっている可能性が高いからです。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク