胃腸炎 子供 下痢 食事

下痢や胃腸炎のときの子供の食事

スポンサーリンク

子供が下痢の時はお母さんも心配です。
実は、お腹が苦しいときに食べられる食事は限られており、栄養の面でも心配はつきません。
ですが、トイレとお友達状態になると、体力も低下し腸の動きも弱まります。
特に症状が胃腸炎の場合は顕著に表れます。
食欲がないときは完全に腸を休ませるのも良いかもしれません。
ですが、こまめな水分補給は大事になります。
食事が可能ならばゆっくり食べて、脱水症状に気を付けると良いです。
勢いで食べずに少しずつ慣らすことも必要で、柔らかく食べやすいものを選びます。
下痢は軟便などの便の状況に応じて食事を変化させる必要があります
毎回お粥だと栄養が不足するので、徐々に米の割合を増やしながら、できれば野菜も摂取したいところです。
卵、大根、豆腐などの材料を使ってレシピを考えるとバリエーションにも良いです。
慣れてくるとお粥だけでは心許ないので、うどんや、にゅうめんなども子供には人気です。
味噌汁の汁だけを飲むのも体に良いのでオススメします。

スポンサーリンク

またペクチンを含む果物で、リンゴなどを加熱して、はちみつや紅茶で煮たものを少しずつ食べるのも腸に良いです。
食べられない場合は無理をしないように安静にします。
絶対に食事の量を一気に戻さないで、体がビックリしない程度に徐々に元に戻していくことが大切です。
特に、揚げ物などの脂っこいものや、冷たい飲み物、食べ物、食物繊維の多い食材は腸に負担が掛かります。
また、牛乳などの乳製品は腸の活発さに繋がり、下痢の時にはよりお腹をグルグルにさせ悪く作用してしまうので控えます。
体の回復が早いからといって、食べ過ぎてしまうと逆効果になり、せっかく治まりかけた下痢を繰り返してしまう原因にもなってしまうので注意が必要です。
ただ、食欲がないときが殆んどなので、子供さんの食べられるものを食べさせてあげることも重要です。
梅干し入りのお粥や野菜のポタージュスープなど、柔らかくて食べやすい食事は水分も一緒に吸収できて消化にも良いのでオススメです。

スポンサーリンク