下痢 泡 症状 解明

下痢で泡が出る症状の解明!

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、下痢で泡が出る症状について、お話していきたいと思います。
便を見たら、便と一緒に泡がでていた。どうしてなんだろう。こんな症状がでたら誰だって疑問に思ってしまいます。
これは、過敏性腸症候群の可能性が高いです。主に大腸や分泌機能の異常が認められる病気ですが、検査に行っても、潰瘍や炎症等の疾患が認められないのにも関わらず、便秘、下痢、腹痛等の症状が起こることが特徴です。
以前は、大腸の機能の異常によって引き起こされると考えられていたので、「過敏性大腸症候群」と呼ばれていましたが、近頃、小腸にも関係があることが分かり、この名称でよばれています。
20代から40代の年齢に多いため、ストレスに大きく関わっている病気とされています。
症状は大きく分けて4つのタイプに分かれます。
1.不安定型
下痢と便秘が交互に現れる交代制の便通異常。

スポンサーリンク

2.慢性下痢型
神経性下痢とも呼ばれ、小さなストレスや不安を感じて下痢を引き起こすタイプ。
3.分泌型
腹痛を強く感じた後に、大量の粘液が排泄されるタイプ。
4.ガス型
いつもおならが出て、周りの人にいやがられているという認識があるため、ますますおならがでてしまう症状を指します。
症状が重くなってくると、無意識にガスが漏れるようになります。別名、おなら恐怖症とも呼ばれています。
症状としては、下痢が多いです。食物は口から入ると、胃の胃酸によって消化されます。そしてどろどろの状態で、十二指腸を経て、小腸へと送られて、ここで体内に吸収されます。
そして残りのカスは、更に大腸へと送られ、水分がそこで吸収されて便となって排泄されるのです。ところが、ここで何かの原因で水分の吸収が普通に行われないと下痢となります。
その主なる原因は、自立神経の異常が元となっている消化管運動の異常や精神的不安、過度の緊張を原因とするストレス、不規則な生活スタイルなど複合的な要素がおもなる要因とされています。
ですので、ストレス発散をするべく、ジョギングやウォーキング、水泳をしたり、生活全般を規則正い生活に変えて行くべく努力が必要となります。
それでも改善が見られない場合は、薬物による治療が行われます。このような状態が続くようでしたら、一度、医療期間で診察を受けることをお勧め致します。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク