一歳 下痢 食事

一歳の幼児が下痢を発症した場合の食事メニューについて

スポンサーリンク

大人が下痢を発症させた場合においては食事メニューを変更することで、その症状を緩和させるための処置として効果を得ることが出来ます。
そこで一歳の幼児が同様の症状を発症した場合における、食事メニューについて説明をしていきます。
基本的に幼児の便と同じ固さの食事にすることが前提となっており、健康管理という点がポイントとなります。
一般的にはおかゆやうどんなどといった消化の良い食べ物と相性が良く、こういったものであれば症状を悪化させることはないです。
また水っぽい下痢の場合においては、野菜スープやおもゆなどが効果的な食べ物となっています。
おもゆとは日本にある流動食の一種であり、おかゆという食べ物をさらに薄めた食品となります。
非常に消化が良いのが特徴となっており、幼児や下痢などをしている時に食べることがある食品となっています。
一歳の幼児がこのような症状を発症した場合には、基本的に消化の良い食べ物を与えれば問題はないです。

スポンサーリンク

 一般的に一歳の幼児が下痢をした場合により食事メニューとして、おかゆやうどんなどの消化に良い食べ物が効果的です。
そこでよりこういった症状の理解度を深めるために、逆に与えてはいけないメニューについて紹介をしていきます。
原則として冷たい食べ物や飲み物は厳禁となっており、理由として胃腸やお腹を冷やしてしまうことになります。
胃腸などが冷えることによって抵抗力が低下するため、逆に症状が悪化していしまうケースがあります。
2つめに刺激が強い食べ物も禁止となっており、炭酸飲料や牛乳やアルコールがこの部類に入ります。
こういった商品も胃腸などに負担をかけてしまうため、病気が治りにくくなってしまうので注意が必要です。
3つめに糖分が多い食品についても食べるのには注意が必要で、ケーキやお菓子やジュースといったものが当てはまります。
このように一歳の幼児が下痢を発症している場合には、こういった食事メニューについては与えないように保護者の方で工夫をすることが重要です。

スポンサーリンク