下痢 白い 粘液

白い粘液状の下痢について

スポンサーリンク

まず粘液便とは、粘液そのものが大便に付着した状態で出てきたり、あるいは付着せずに単体で出てくるものです。
一般的に色は白が多く、ピンク色、赤、緑などの色の場合もあります。
粘液便が出てくる原因としては、大腸壁がなんらかの理由で傷ついてしまい、その部分を修復しようと粘液が分泌されます。
その粘液が流れ、大便と一緒になって排出されるのです。
粘液が元々白い為、粘液便の色が白くなりやすいのはこのためです。
通常は大腸壁の傷が治ってしまえば粘液便もおさまります。
なので長期にわたって粘液便が出るというのは別の病気かもしれませんので、一度受診することをおすすめします。
粘液は腸内の大便をスムーズに運ぶという役割も持っていて、そのために分泌されることが主となっています。
しかし便が下痢の状態だと、便のみで腸内を動いてしまうので、粘液が本来の役割を果たせずに、腸内に乗ってしまうことがあります。

スポンサーリンク

粘液自体は悪いものではなく、むしろ腸内にとって必要不可欠な物なので腸内に残ることは危険なことではありません。
粘液が目立つというのは、下痢をしてしまったことに付随する症状ということです。
通常であればヨーグルトや透明なような色をした少量の油膜のような物が大便の表面についてきます。
このような症状であれば心配することはないでしょう。
先程も説明したように潤滑剤としての役割の物ですので、いたって健康な方にも起こりうる症状です。
しかし粘液の量が少しずつ増えてきたり、色に関しても透明な状態だった物が、段々と白や黄色・茶色を帯びてきた場合や、色の変化に伴って腹痛の発症、ほかに血便・発熱等の症状がでるような場合は一度病院で検査したほうが良いでしょう。
ただ健康な人でも、冷たいものを過剰摂取してしまったり、食べ過ぎたりすることによって粘液が多く分泌されることがあります。
とりあえず、すぐに病院というのではなく、自身の体調を理解した上で異常を感じたら受診する。
という考えでもいいかもしれません。

スポンサーリンク