下痢 白い便 大人

大人の下痢で白い便の場合はロタウイルス感染の疑いがあります

スポンサーリンク

子供には白色便性下痢症という、白い便が特徴の病気があります。
ロタウイルスやパルボウイルスが原因で起こるもので、下痢がひどいと重症になることもありますので、気を付けたい病気です。
しかし、このロタウイルスは大人も感染することがあります。
元々この病気は、一度罹ると免疫ができるため、二度罹ることはそうないのですが、たまたま体力が低下しているなどで、免疫機能が落ちている場合は感染することもあります。
症状としては、下痢と嘔吐、そして腹痛が中心で、ノロウイルスに感染した時と似ています。
感染源は便や唾液などで、潜伏期は大体1日から3日ほど、37度ほどの発熱を伴うことがあり、また大人であっても白い便が出ます。
では、なぜ白い便が出るのでしょうか。
実はこれはウイルスの影響によるものです。
本来便は、胆汁によって色がつくわけですが、この病気の場合はウイルスによって胆汁がうまく分泌されなくなります。
そのため通常とは異なり、白っぽい色になってしまうのです。

スポンサーリンク

それでは、この病気の治療方法はどのようなものがあるのでしょう。
下痢がひどいと、つい市販薬で抑えたくなるものですが、薬を飲むとその分下痢が止められてしまい、結果としていつまでもウイルスが残ることになり、治りが遅くなりますので、避けるようにしましょう。
この場合はまず何よりも、脱水症状に気を付ける必要があります。
スポーツドリンクや経口補水液、湯冷ましなどを摂るのがお勧めですが、いずれもあまり冷たくせずに、少しぬるめのを摂るようにしましょう。
また、ミルクを少し温めて飲むのも効果があります。
嘔吐や吐き気がひどく、水分を経口で摂れない場合は、点滴の必要がありますので、すぐに病院に行くようにしてください。
順調に行けば、2日ほどで嘔吐は納まります。
それから、おむつをしている小さいお子さんの場合は、おむつは他の洗濯ものとは別に洗って、必ず消毒をするようにしましょう。
また、紙おむつの場合も、そのまま素手で処理すると感染のもとになりますので、注意するようにして下さい。

スポンサーリンク