下痢 嘔吐 発熱 大人

大人の嘔吐、下痢、発熱に注意

スポンサーリンク

嘔吐、下痢、発熱が続いている方は、感染性胃腸炎の可能性があります。
有名なウィルス性に胃腸炎にノロウィルスもあります。
ノロウィルスの可能性も考慮し、早めに医者に相談しましょう。
細菌性によるものと、ウィルス性によるものがあり、大人の場合は細菌性腸炎の頻度が高いです。
感染症の特徴として見られる発熱は、時に高熱を呈します。
一般的にウィルス性に比べ細菌性のものの方が症状は重い場合が多いです。
ウィルス性胃腸炎の場合は、有効な抗ウィルス剤がないですが、細菌性腸炎には抗菌薬(抗生物質)が用いられます。
嘔吐した場合、水分が失われます。
脱水症状が見られる場合があるので、十分な水分補給が必要です。
吐き気で水が飲めない場合は、吐いてから1時間程度お腹を休ませ、少量の水分補給から始めましょう。
それでも強く脱水が疑われる場合は、点滴をする必要がある場合もあります。
嘔吐も下痢も、体内のウィルスや細菌を外に排出するために見られる体の防衛反応であるので、急いで無理に嘔吐を止める必要はなないです。
吐き気止めの薬は、副作用もあるため、あまり使い過ぎないように注意も必要です。

スポンサーリンク

嘔吐が収まり始めたころから、下痢が始まることも多々あります。
下痢も吐き気と同様に体の防衛反応であるため、薬を使用して無理に止めようとしても、治療期間は変わらないとの報告も多く、病原体を体外へ排出することができない欠点もあるため、あまり薬は使用しないほうが良いです。
また、胃や腸に負担をかけない食事を心がける必要があります。
脂肪の多い食事や、繊維質に富む食事(野菜、きのこ、こんにゃく、海藻など)は、胃に負担をかけてしまうため避けてください。
アルコール類も脱水を助長するため良くないです。
感染症であるため、多くは発熱を伴います。
解熱剤は、高熱時に服用してください。
吐き気があるときは座薬、下痢が続いているときは内服薬を選択すると良いです。
細菌性腸炎の感染源は、食事によるものが多いです。
そのため、人から人への感染はウィルス性腸炎より起きにくいです。
もし、ノロウィルス感染症であった場合は、経口的に感染するため、日頃からの手洗いうがいが望まれます。

スポンサーリンク