牛乳 下痢 時間

牛乳を飲んで時間を置くと下痢をしてしまうのは、原因があります

スポンサーリンク

 食の欧米化が進んだ事により、現在では食生活の中にも、乳製品が多く用いられる様になっています。
栄養のバランスを考えた時に、学校、家庭で牛乳を飲む機会なども多くなっています。
 一方で、牛乳を飲んで数時間、あるいは早い場合には数十分後に下痢の症状に見舞われる人なども見られます。
この場合には、含まれる成分に対して、消化酵素の働きが少ない特殊な症状をもっている事が原因になっている事があります。
 牛乳を飲んで時間を置くと下痢をしてしまう人の場合、乳糖を分解する酵素の分泌が少なかったり、あるいはできない事が原因になっている事があります。
赤ちゃんの場合には、成長のために、お母さんの母乳を必要として、母乳が赤ちゃんの大きな栄養素になります。
ほとんどの赤ちゃんの場合には、乳糖を分解する力が備わっています。
しかし、成長するに従って、早い人の場合には、母乳から離れた辺りから、乳糖を分解する機能が働かなくなる事があります。

スポンサーリンク

 牛乳を飲んで時間を置くと下痢をしてしまう場合、含まれる特定の成分を分解できない症状をもっている可能性があります。
そのため、もし、どうしても飲みたいという事であれば、もう少し分解してある工程を経た製品を利用するなどの方法があります。
お腹にやさしい商品なども販売されていますので、その様な商品を購入して摂取してみるなどしてみてください。
時間を置いて様子を見ながら、下痢をしない様であれば、引き続き利用する事も可能です。
一気に飲み干したりせずに、噛む様に飲んだり、摂取する量を減らしながら利用するなど、自分でも工夫をして利用してみてください。
 また、牛乳を飲んで時間を置くと下痢をしてしまう人の中には、ホットミルクなどの温めたものであれば大丈夫という人も見られます。
この点においても、工夫の一つになりますが、腸内への刺激を減らす方法でもあります。
更に、摂取する時の形として、液体ではなく、食べ物に混ぜた形で利用すると、受け付ける場合もあります。
 からだの働きを専門的な観点から調べる方法としては、やはり病院の医師による検査などが必要になります。
その上で、整腸剤などが処方される場合もありますので、気になる方は、消化器内科などを受診する様にしてみてください。
 スポンサーリンク