抗生物質 下痢 対処

抗生物質で下痢の副作用

スポンサーリンク

抗生物質は怪我や病気の治療薬として処方されることが多い薬です。
抗生物質は身体の中に入って病気を引き起こしている細菌を殺す「抗菌薬」と呼ばれる薬です。
体内の菌を殺すことで病気を治してくれる病気や怪我治療の心強い味方ですが、それと同時にお腹の中にいる身体に必要な菌も殺してしまうことがあります。
身体に必要な菌といえば、腸の中にいる大腸の中にいる菌です。
健康な時の大腸の中では、健康に有用な善玉菌と健康を害する悪玉菌のバランスが整っています。
しかし、薬を飲むことでこのバランスが崩れたり、病気を引き起こす細菌だけではなく、善玉菌も殺してしまうことがあります。
その結果下痢を引き起こしてしまうのです。
病気を治すには抗生物質を飲むのが効果が高いけれど、副作用として下痢になるのもつらいものです。
医師に抗生物質と一緒に整腸剤を処方してもらえることもありますが、絶対ではありません。
ではどのような対処法をしていけば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

原因が腸内細菌がいなくなったこと、という理由がはっきりとわかっているため、下痢止めは処方されません。
そのため、1日1、2度の下痢ならば、様子を見るという対処になります。
症状がひどい場合には再受診をすることも視野に入れておきましょう。
医師に現状を相談して抗生物質を変えてもらうか、整腸剤などを処方してもらうのが良いでしょう。
自分の勝手な判断で薬を飲むのをやめてしまうと、病気の治癒が遅れる可能性があります。
また、処方されたものを飲み切らないと耐性菌ができる可能性がありますので、自己判断はしない方がいいでしょう。
過去に下痢などの副作用が起きたときには、医師にそのことを申告しておくと、最初からほかの薬に変更するなどの処置をとってもらえるかもしれません。
整腸剤は腸を整えお腹の中を正常な状態に近づけるようにしてくれます。
お腹の中の善玉菌を増やすため、善玉菌のエサとなるヨーグルトや漬物、納豆などの発酵食品を進んで摂取することも重要となってきます。

スポンサーリンク