下痢 緑 大人

大人が下痢をした時に緑の便が出る理由について

スポンサーリンク

通常排便の色は茶色となっているのが多くなっていますが、病気にかかってしまうとこの色が変化してしまうことがあります。
そこで大人が下痢によって緑色に便の色が変わってしまうことについて、どういった要因が関係しているか紹介していきます。
1番原因として考えられている要因が、野菜の取りすぎや健康食品の過剰摂取が関係しています。
特に女性に多い傾向となりますが、近年は健康増進意欲や美容意識の増加によって健康食品などの需要が増加しています。
それにより美容目的でこれらの品を積極的に使用することがありますが、これについては一部注意が必要となります。
こういった食品を多く取りすぎることによって、緑色の便となって排出されてしまうことがあります。
このようになると健康食品などの補給しすぎとなるので、使用量を減らすことで色が改善されることが多いです。
美容目的で健康食品の多く服用する傾向があるため、大人で下痢になった時に緑色の便が出やすくなっています。

スポンサーリンク

 大人が下痢によって緑色の排便をしてしまう理由として、多くの場合には健康食品や野菜の取りすぎによって発症することがあります。
しかし中にはそれ以外のケースもあり、2つめの要因として肝機能が低下することでも発生することがあるので注意が必要です。
肝機能の低下は過度の飲酒をすると発症しやすい傾向があり、肝臓などに大きな負担がかかっていきます。
それによって胆汁の血中濃度が下がってしまうため、便が突然変色してしまうことがあります。
また肌質についても変化が現れる傾向があり、全体的に黄色に変色してしまうことが多いです。
これも肝機能の低下によって起こる現象であり、万が一発見した場合には医療機関で治療をする必要があります。
主に内科で検査や治療を行っているため、クリニックまたは病院を受診して完治させていく流れとなります。
このように体に無理や負担をかけてしまうことでも、急に緑色の便が出てしまうことがあるので注意が必要となります。

スポンサーリンク