腸炎 下痢 治らない

腸炎という症状が完治しても下痢が治らない原因について

スポンサーリンク

腸の病気の中に腸炎と呼ばれている病名があり、発症することによって体の消化器系に異常が発生することが多いです。
食中毒と呼ばれることもある病気となっておりますが、中には治療をしても下痢が治らないというケースがあります。
その場合においてはいくつかの原因が考慮されますが、1つめに腸炎後症候群と呼ばれる病気の時です。
原因として腸粘膜が炎症を起こすことによって、体調が完全に戻っていないため下痢を発症させることがあります。
この病気は治療が不十分であったりすると発症することがあるので、下痢が治らない場合にはこの症状を疑ってみると良いです。
対策としては脂っこい食べ物を控えることであり、消化の良い食事を取るようにすることがポイントとなります。
一例としておかゆや野菜スープなどが効果的なので、こういった食事を中心に取っていくようにします。
これが1つめの原因となっており、腸粘膜が炎症を起こしているとこういった症状が出るので注意が必要です。

スポンサーリンク

 2つめには急性胃腸炎の症状が完全に完治していない場合でも、下痢が中々治らないといった悩みを抱えてしまうことが多いです。
通常の治療であればウィルスや細菌が原因となっているため、抗生物質などを服用することで完治が可能です。
しかし原因がこれらではなくストレスにある場合には、薬を服用しても改善されないことが多くなっています。
そのため下痢が治らないといった症状に悩み続けることが多いので、ストレスを無くす治療を行っていく必要があります。
治療法についてはカウンセリングが中心となっており、出来るだけ患者に負担をかけない対策が基本となっています。
さらにこういった症状がある段階で、アルコールを摂取するのはとても危険な行為となっています。
理由として体内にアルコールが摂取されると、炎症を起こしてさらに腸を傷つけてしまう可能性が高いです。
ですので完全に急性胃腸炎が完治するまでは、飲酒をする習慣は控える必要があるので注意が必要となります。

スポンサーリンク