サーモン 食中毒 症状 対処法

サーモンを食べた時の食中毒の症状と対処法

スポンサーリンク

サーモンを食べ食中毒なった原因と症状の特徴及び対処法を説明致します。
まずサーモンを食べたときに食中毒による下痢の原因に考えられるのがアニキサスが考えられます。
アニキサスは寄生虫の名前です。
成虫は鯨やイルカの胃のなかにいますが幼虫は魚のイカなどの筋肉や内臓のなかにいます。
サーモンを食べて食中毒を発症する原因として考えられるのが、アニキサスの幼虫がいるサーモンを生で刺し身や内臓を食べたときに症状が出やすいです。
食中毒の症状の特徴は劇症型と軽症型があります。
また食中毒にはアニキサスの幼虫が入り食いついた場所により名称が違い症状も異なります。
まず胃で発症した場合はアニキサスの幼虫が胃の粘膜に食いついた場合には、急激に腹部やみぞおちあたりを激しい痛みで刺すような痛みがあると言われいます。
アニキサスの幼虫が原因で起こる食中毒は全体の約9割を占めます。
さらに嘔吐と吐き気を伴いじんましんや呼吸困難からアナフィラキシーショックも発生します。
発症までの潜伏期間は2時間から8時間で発症することが多いです。
もうひとつが腸内にアニキサスが食いついた場合です。
特徴はおへそのあたりに差し込むような激しい痛みです。
虫垂炎や腸閉塞に症状が似ているので注意が必要です。

スポンサーリンク

食中毒の対処法を紹介致します。
まず胃で発症した場合はアニキサスの幼虫を内視鏡を使い専門の器具で直接駆除します。
胃のなかのアニキサスの幼虫を駆除したら胃の粘膜などの状態は一週間から二週間で戻ると言われています。
次の対処法として腸で発症した場合はアニキサスの幼虫が自然消滅するまで待つ保存治療です。
体内に入りこんだアニキサスの幼虫は一週間ほどで死滅すると言われています。
ただ小腸まで侵入した場所は駆除が難しく死滅しない場合は外科手術で取り除く場合もあります。
薬を服用しただけではアニキサスの幼虫は死滅しない為に対処法として現在行われているのは胃の場合は内視鏡を使い直接取り除く方法か腸の場合は自然消滅を待つ対処法が多く行われています。
次にサーモンを食べる前の食中毒の予防方法について紹介致します。
対処法として新鮮なサーモンを選び切り身に寄生虫がついていないかよく観察します。
他にもサーモンの内臓を生で食べない事です。
食べる時はよく加熱する事です。
他にも瞬間冷凍も効果があります。

スポンサーリンク