蟹 あたる 症状 対処方法

蟹にあたる症状の対処方法

スポンサーリンク

蟹を食べることによってあたることがあり、食中毒の症状を引き起こしてしまうことがあります。
蟹を食べたことによる食中毒の症状の一つとしては、ナグビブリオ菌がついてしまっている蟹を食べた場合に激しい下痢の症状を引き起こしてしまうことがあります。
また、それと同時に腹痛を感じるようになったり、胃痛を感じてしまうような場合もあり、胃腸炎を引き起こしてしまう可能性もあります。
ナグビブリオ菌に感染してしまうことによって5〜12時間の間に腹痛の症状を出始め、水のような便が出てきてしまいます。
また、胃が弱い人だと嘔吐してしまう可能性もあります。
人によっては高熱の症状まで引き起こすことがあるので注意しなくてはいけません。
また、蟹につきやすくなっている腸炎ビブリオ菌もあたる可能性のある菌になっています。
腹痛や激しい下痢といった症状を引き起こしてしまう菌になっています。
高齢者が感染してしまうと死亡に至ってしまうこともあるので注意しなくてはいけません。

スポンサーリンク

蟹を食べたによってあたることがありますが、あたる症状が出てしまっている場合の対処方法としては、通常なら特に何もしていなくても3日もすれば体調が元に戻って来る場合もあります。
ですが、下痢や腹痛などが酷く回復する気配がない場合の対処方法としては、病院を受診してご自分の症状に合った対症療法を受けることが大切です。
対処方法として、かかりつけ医がいる病院だったり、救急外来を受け付けてくれている病院で対症療法を受けるようにしましょう。
また、蟹にあたる場合、激しい下痢に襲われてしまいますが、食中毒の場合には下痢止めなどの薬を使用しない方が無難になっています。
食中毒を起こしてしまった場合、薬を使って下痢を止めてしまうと、菌が出ていくのを遅らせてしまうことになってしまうからです。
ですので、脱水症状を起こさないように経口補水液や常温の水などをしっかり摂って水分補給をし、菌が全て出ていくまで便を我慢しないようにしましょう。
蟹にあたると下痢や腹痛、嘔吐などが出始めてきますが、その場合は早急に病院にて症状に合わせた対症療法を受けるようにし、対処方法をしっかりと行うことがご自分のお体のためには何よりも大切です。

スポンサーリンク