しめ鯖 あたる 症状 対処方法

しめ鯖であたる症状の対処方法

スポンサーリンク

日本では塩焼きやしめ鯖などで食べられることが多い鯖には、アンチエイジング効果やダイエット効果があります。
ただ、他の魚と比べて傷みやすいので、あたることが多いのです。
そんな傷んだ鯖を食べると、あたる可能性が高いので、その対処方法として購入したら、すぐに冷蔵庫に保管するか火を通して調理することをおすすめします。
鯖にはアニサキスという寄生虫が潜んでいる可能性があり、それによってあたることがあります。
このアニサキスは鯖以外にもスルメイカやサワラなどに潜んでおり、それを食べることで腹痛や下痢、嘔吐などの症状を引き起こす要因となります。
特に体内に入ったアニサキスは胃の内側に噛みついて食い破ろうとするので、ひどい腹痛を覚える方が多いです。
そんなアニサキスによる症状の対処方法としては冷凍するか火を通すことをおすすめします。
アニサキスは凍らせたり焼いたりすることで死滅するので、安心して食べることができます。
ただ、しめ鯖のように酢締めした場合は、アニサキスが生きていることがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

鯖の塩焼きやしめ鯖などで下痢などの症状がある場合には、病院に行くことをおすすめします。
特に鯖の場合はあたることで生じる症状がさまざまなので、素人が判断しにくい傾向があります。
そのため、病気やその対処法について詳しくない方は医師に相談する必要があります。
例えば、しめ鯖などを食べることで蕁麻疹や腫れがある場合はヒスタミン中毒を疑う必要があります。
ヒスタミンは鯖の鮮度が落ちることで発生するので、対処方法としては夏場に購入する際には気を付ける方法があります。
ただ、主な症状が蕁麻疹や腫れの上に、数日で治る特徴があるので対処しやすいです。
また、しめ鯖などを食べることでO-157やノロウイルスなどの細菌にあたる場合は、症状が重い上に他人に感染する可能性があります。
対処方法としては症状が現れたら、すぐに病院に行くことが挙げられます。
また、他の対処方法としては二次感染をしないように、マスクを着用することが挙げられます。
そのため、しめ鯖などを食べる際にはあたることも考慮に入れて食べることをおすすめします。

スポンサーリンク