牡蠣 あたる 症状 下痢のみ 原因

牡蠣にあたる症状が下痢のみの場合の原因

スポンサーリンク

牡蠣にあたることがあります。
食あたりということになりますが、牡蠣にあたるという人は毎年少なくありません。
このように食品にあたるというような事態が発生すると、さまざまな症状が体に現れるようになっています。
具体的には、牡蠣にあたるとどのような症状が現れるようになっているのかというと、嘔吐や下痢、このほかには頭痛や腹痛や発熱というようになっています。
しかしこれらのすべてが、牡蠣にあたることで発生するということではありません。
どのような症状が現れるかには個人差があります。
その点を忘れないようにします。
状況や人によっては、牡蠣にあたる症状として下痢のみということもあります。
下痢のみというような症状が現れたときには、何が原因となっているのかが気になります。
下痢のみの症状が現れる食中毒菌はいくつかあります。
原因となっているウイルスもあります。
この中でとくに注意をしておかなければいけないのが、牡蠣の中にたくさん含まれているものとなっています。

スポンサーリンク

このウイルスに感染してしまうと、下痢のみという症状が現れることがあります。
感染をしていても下痢などが見られないということもあります。
また逆に元気な人の中にも、このウイルスを持っているという人もいるので注意が必要になります。
人から人へと感染するようになっており、これが原因となって下痢のみの状態が現れるようになっています。
下痢の中にたくさんのウイルスが存在しているということになります。
このウイルスはアルコールにも強くなっています。
したがってこれが感染者を増やす原因の一つとなっています。
下痢のみの症状であった場合でも、十分に注意をする必要があります。
ウイルスを持っている人が原因となっているので、しっかりと手を洗うようにします。
原因となっているウイルスをしっかりと消毒するためには、次亜塩素酸が使われることもあります。
体に激しい腹痛などが現れることがあるので、他の人に感染をさせることがないように十分に注意が必要となります。

スポンサーリンク