牡蠣 食あたり 何時間後 症状

牡蠣の食あたりは何時間後に症状が出るのか

スポンサーリンク

食品の中には、食あたりに鳴りやすいと考えられているものがいくつかあります。
そのなかに牡蠣という食品もあります。
旬の時期になると、身が大きく非常においしいものとなっていますが、食あたりをすることもあるので、十分に注意が必要になります。
牡蠣で食あたりになることがありますが、それまでの発生時間というのが気になります。
食あたりが発生するまでには、細菌やウイルスの潜伏期間というものがあるので、何時間後に症状が現れるかは、原因となっているものによって異なっています。
したがって牡蠣の場合には何時間後に症状が現れるのかを、しっかりと把握しておくことが必要になります。
牡蠣の中にはウイルスが入り込んでいることがあります。
このウイルスに関しては、しっかりと加熱をすることができれば、体のなかで悪さをしないようになっています。
しかし生で牡蠣を食べたときには要注意です。
このときにウイルスが原因となって、食あたりの症状が現れることがあるのです。

スポンサーリンク

このような食あたりの症状が何時間後に現れるのかが気になります。
ウイルスや細菌には症状が現れるまでにある程度の時間が必要になると考えられています。
牡蠣の中に含まれているウイルスの場合には、潜伏期間は1日から2日程度となっています。
したがって1日から2日前に生の牡蠣を食べたと言うことになれば、これが原因になっていると考えることができます。
症状が何時間後に現れるのかが気になります。
症状が何時間後に現れるのかというと、2日程度となっています。
また症状が回復するまでには1週間程度が必要になると考えられています。
何時間後に現れるかと言うときには、24時間から48時間というのを目安にしておきます。
牡蠣のウイルスの場合は、命に関わるほどの危険があるということはほとんどありません。
1週間の間に嘔吐や下痢が見られることがあったり、腹痛が発生することもあります。
しかしこの期間が過ぎると、完治するようになっています。

スポンサーリンク