溶連菌感染症 症状 嘔吐 対処法

溶連菌感染症〜嘔吐の症状の対処法

スポンサーリンク

子供がかかりやすい感染症の中に溶連菌感染症があります。
主に幼稚園や小学校に通う子供に感染しやすく、いちご舌という別名があります。
この病気は冬〜春〜夏にみられるもので、A群溶血性連鎖球菌という細菌が飛沫感染や接触感染により感染し、発症します。
この病気は一度感染してもまた繰り返し感染するため、流行しはじめたら注意が必要です。
溶連菌の主な症状は、いちご舌と別名にもあるように、舌がいちごのようにブツブツができて、赤くなる症状が現れます。
のどの入り口や喉の奥が痛み、赤く腫れることも多く、発熱や嘔吐、発疹といった症状が出ます。
口の中が痛いため、飲食がつらく感じることから食欲不振になったり、食べたくても痛くて食べられないこともあります。
口が痛んだ時の対処法は、刺激のない食べやすいものから少しずつ口にするように心がけましょう。
子供であればゼリーやプリンといった、のどごしが良く食べやすいものをとらせるようにします。

スポンサーリンク

溶連菌の場合は、抗生物質を飲むことで症状が改善されます。
発熱や頭痛では抗生物質を服用することで比較的早く熱が下がったりしますが、途中で薬をやめずにすべて飲みきることが対処法と言えます。
また、嘔吐時の対処法は、脱水症状にならないように水分をこまめに補給することです。
この病気は口の中や喉が痛くて食べたり飲んだりすることが苦痛になるため、水分もとりにくくなり脱水症状がおこりやすいものです。
嘔吐すればさらに水分が出てしまい脱水症状になりやすいので、注意しましょう。
嘔吐や脱水がひどい場合はすぐに受診し、点滴治療なども必要になってきます。
溶連菌は抗生物質を処方された分すべて飲みきることで完治します。
感染力が強い病気ですので、治ったと思っても一度受診し、登園・登校が可能かどうか調べてもらう上で、主治医の許可証をもらいましょう。
この病気は大人にも感染しますので、大人も病気を広めないよう3日程度は外出を控えるなど注意しましょう。

スポンサーリンク