嘔吐 下痢症 感染期間

嘔吐下痢症の症状と感染期間について

スポンサーリンク

嘔吐下痢症とは別名急性胃腸炎または感染性胃腸炎の事です。
おなかの中にウィルスが入って、吐いたり下痢をしたりする病気で、秋から冬にかけて多いのはノロウィルスで、春から夏にかけてはロタウィルスです。
乳幼児がかかることが多いのですが、大人もかかります。
便や吐いたりしたものが乾燥して空気に舞い上がって、空気感染することもあります。
下痢がおさまっても1週間くらい感染期間があり、便からウイルスが出ているので徹底して手を洗うことが必要になります。
どういう症状から始まるかというと、突然の嘔吐から始まることが多く、半日くらいの間に続けて吐く場合と、1〜2回位が2〜3日続くことがあります。
そのあと下痢の症状がみられ、クリーム色をした下痢がみられ、だんだんと水のような下痢になっていきます。
大体3〜4日から1週間くらい続きます。
保育園や幼稚園の集団生活をおこなっている場合に、集団感染がおこることが多く、免疫力の落ちている人やお年寄りなども感染しやすくなります。

スポンサーリンク

症状回復後でも1週間くらい、長い場合は1か月も便中にウィルスが排泄されるといわれています。
感染期間は目で見てわかる物ではないので、流水+石鹸による丁寧な手洗いをすることが必要となってきます。
無症状でもウィルスを持っている人もいるので、トイレの後の手洗いを徹底しましょう。
また、吐いた物や下痢便を処理する場合は、ビニール手袋+マスクを着用してペーパータオルで吐しゃ物を覆いペーパータオルごとビニールに入れふき取り、ふき取ってもウィルスが飛び散って感染するので、薄めた塩素系漂白剤であった場所より広い範囲で消毒します。
使用したものは処分するか、薄めた塩素系漂白剤でしょうどくします。
遅漏補遺といっても嘔吐下痢症の薬はなく、一番必要なのは水分を摂らせ脱水症状を起こさせないようにすることです。
吐き気があるときは無理に水分を摂らせる事が出来ないので、体調が悪い場合には病院に行って点滴をしてもらうことも必要になってきます。
自分で水分補給が出来る場合は少しずつ与えましょう。
普段から手洗いうがいを忘れずに行い、流行期間には人込みを避けマスクをするようにしましょう。

スポンサーリンク