お酒 下痢 すぐ 原因

お酒を飲むとすぐ下痢になる原因

スポンサーリンク

お酒は古来から世界中で祭事やお祝い事のときに飲まれてきました。
現代でも飲み会で絆を強めたり、晩酌で一日の疲れを癒している人も多いと思います。
そんなお酒も飲みすぎると二日酔いになったり、嘔吐したりしてしまいます。
これらはお酒の飲み過ぎによる代表的な症状の例ですが、なかにはお酒を飲むとすぐに下痢になってしまうという人もいます。
飲み会があるけれど、トイレが心配だ‥とせっかくの楽しみを不安にならないようお酒で下痢になる原因を知っておきましょう。
原因は主に3つあります。
まず、ひとつめ、「ぜんどう運動と胃腸への負担」。
大量のアルコールはまず胃腸にたどり着き、そこで吸収されますが、アルコールには消化・吸収機能を低下させる働きがあります。
さらにこのときに胃腸や小腸の粘膜を傷つけたり、ただれさてしまうことがあります。
これによりさらに消化・吸収機能を低下させていまいます。
また、食べ物を移動させていく「ぜんどう運動」をアルコールが活発化させてしまい、まだ十分に消化されていないのにどんどん体外へ出そう(下痢)と働いてしまうのです。

スポンサーリンク

ふたつめは、「大量の水分摂取」です。
人間は大量の水分を摂取すると下痢になってしまいます。
これはアルコールも例外ではありません。
短時間で数リットルの水分を体内に入れてしまうと、吸収が追い付かず、そのまま体外へと排出されてしまいます。
特にお酒は水やお茶などと比べてすぐに大量摂取しやすいです。
気付いたら何リットルも飲んでいた、ということがあります。
最後の3つめは、「胆汁生成の遅れ」です。
肝臓は本来、胆汁という物質を作っています。
この胆汁は消化・吸収を助ける働きがあります。
しかし、アルコールは胃腸を通った後に肝臓へ移動し、ここで分解されるのですが、肝臓へ大量のアルコールが送り込まれてくると、アルコールの分解でいっぱいになり、本来の胆汁を生成する仕事ができなくなってしまうのです。
その結果、消化・吸収しづらくなっている胃腸や腸を助ける働きが弱まり、状態が悪化します。
これらの原因により、お酒を飲んですぐに下痢になってしまうのです。

スポンサーリンク