寒気 吐き気 下痢 熱はない 原因

熱はないが寒気や吐き気、下痢になる原因

スポンサーリンク

病気は、気を付けていても、ウィルス感染などで発症する事があり、風邪などの症状もその内の一つになります。
寒気、吐き気や下痢で、熱はないという原因には、胃腸風邪と呼ばれるものがあります。
ウィルスの種類によっては、鼻水や咳などの風邪の症状ではなく、胃腸に症状が表れる事があります。
風邪のウィルスが原因の場合には、1、2週間で改善しますが、早い人は、胃腸の中にあるものを出し切ってしまうと、完治に向かう事も多くあります。
胃腸風邪で、寒気や吐き気、下痢などの症状がある場合には、熱はない状態であっても、暫くの間は安静にして、休養をとる事も必要になります。
風邪のウィルスが完全に抜け切るまでは、からだを休めないと、体力の消耗も激しくなります。
病院を受診して、胃腸風邪の判断がされれば、注射やお薬で症状改善を望む場合もあります。
胃腸風邪が治るまでは、吐き気、下痢などで水分が失われるため、脱水症状が続きます。
適度に水分補給をしながら、消化の良いおかゆなどを口にする事ができます。

スポンサーリンク

寒気がして、吐き気や下痢などの症状があり、熱はないという場合には、ノロウィルスなどの感染症胃腸炎も原因として疑われる一つです。
ノロウィルスが原因の場合には、感染した人が触れたものを触った人が、感染する事が多くなります。
家族など、生活している極近い周囲に感染者がいる場合には、症状が落ち着くまでは、注意が必要になります。
看病などが必要な場合には、作業後によく手を洗浄するなど、自分自身の予防に努める必要もあります。
寒気、吐き気や下痢などの症状に見舞われた場合には、まずは自分でできる対処法としては、症状が多少治まるまでは、安静にしている事も、からだの負担軽減に繋がります。
原因は、風邪のウィルス感染であったり、食中毒などの細菌感染の可能性もあります。
いずれの場合にも、からだの中の異物を出してしまうと、症状が少し落ち着くというケースが多く見られます。
安静にして、白湯などで水分補給をしながら、からだの回復を待つ事もできます。
症状が長引く場合には、病院を受診して、原因を突き止める事も必要になります。

スポンサーリンク