食あたり 下痢のみ 対処法

下痢のみの食あたり、その対処法

スポンサーリンク

食あたりと言えば、暑い時期に起こりがちなもので、それになると下痢や嘔吐、さらには発熱も重なることが多く、大人でも危険な状態になることが少なくありません。
 しかし、食あたりを起こしても、その症状が下痢のみということもときには起こります。
この場合、軽度のもので済んだという可能性と、実は食あたりではなかった、ということも考えられます。
 人間の身体というものは、一般的な印象よりもデリケートにできています。
そのため、前の日の晩に、食べ過ぎたり飲み過ぎたりしただけで、胃腸の調子が崩れるということは、珍しくありません。
 この場合の対処法としては、暴飲暴食を控えることとなります。
付き合いだからと無理をすると、本格的に体調を崩す原因になりかねません。
 また、このときに素人判断で市販薬を服用すると、後で面倒なことが起きることが多いため、下痢のみしか症状がなくても、専門医の診察を受けるようにしましょう。
 日頃から健康を意識することが大切です。

スポンサーリンク

 下痢のみの食あたりを起こしたときの対処法としては、脱水症状を起こさないために、こまめな水分補給を心がけるとこととなります。
 これは水分であれば何でもよいという意味ではありません。
常温の水か湯冷まし、スポーツドリンクなどにしておきましょう。
 このとき、コーヒーやアルコール類といった刺激物を摂取すると、かえって症状を悪化させる原因になります。
 特に発汗量を増やすアルコール類は危険ですので、間違っても口にしないようにしましょう。
 単なる下痢のみと言っても、血便や色がおかしな便が続く場合は、他の病気が潜んでいる可能性があるので、市販薬でどうにかしようとするのではなく、専門病院へ行くようにしましょう。
 症状に合わない薬を服用すると、逆効果となることが少なからずあります。
そういう意味からしても、専門家から適切な指導を受けることが大切です。
 このように、下痢のみの食あたりを起こしたときの対処法は決まっています。
間違わないようにしましょう。

スポンサーリンク