胃腸炎 下痢 色 症状

下痢の色で見分ける胃腸炎の症状とは

スポンサーリンク

胃の不快感と同時に下痢や軟便の症状があらわれると、それは胃腸炎と考えることができます。
胃と腸は消化器官として十二指腸をはさんで連結しているため、とても関連性が強い器官なのです。
もしも胃にトラブルが発生すれば、それは腸にもトラブルを発生させる原因となることがとても多いものです。
特に、下痢の症状があらわれている場合、実はその便の色や状態によって、消化器官のトラブルがどの程度深刻であるかをつかむことができます。
ここで、目安となるような通常の健康的な便についてお話します。
通常の便の色はこげ茶に近く、やわらかさも水分を程よく含んでいる場合は排便しやすい状態になっています。
しかし、下痢の場合は水分が通常よりも多く含まれてしまっているため、形になりにくくなってしまいます。
また、色も黒かったり、緑だったりする場合は、腸そのものにトラブルが発生しているか、あるいは胃やその他肝臓などの消化器官に炎症が起きている可能性があります。

スポンサーリンク

それでは、特に黒かったり緑だったりする下痢の症状からどのようなことが考えられるのでしょうか。
もちろん、食べ物によっても便の色が変化することがあります。
ひじきや鉄分の多い食品やサプリメントを摂取していれば黒くなり、青汁や緑黄色野菜を摂取していれば緑になります。
そのため、前の日に何を食べたのかを合わせて考えるとよいものです。
しかし、そうでない場合、黒い便には、便に血液が混じっていることが考えられます。
これは胃腸炎の中でも潰瘍性のもので、出血していることが疑われるのです。
また、緑の便には、食物を分解するためのビルビリンという胆汁色素が酸化してしまったことが考えられます。
主な原因は過度なダイエットによって消化できる食物が足りないために、ビルビリンが腸内で余ってしまうことにあります。
食べ物以外の原因で黒い便になっているのであれば胃腸炎の可能性を考え、早めに病院へ行き、適切な診察のもと投薬治療を受けましょう。
また、緑の便であれば食生活の見直しが必要になります。
過度なダイエットは控え、徐々に食事の量を通常レベルに増やしながら、ウォーキングなどの適度な運動を取り入れてみましょう。

スポンサーリンク