便秘じゃないのにお腹が張る 原因

便秘じゃないのにお腹が張る原因とは

スポンサーリンク

お腹が張る時は便秘が原因していることが多いものですが、便秘じゃないのにお腹が張るという症状に悩んでいる人がいます。
便秘じゃないのにお腹が張る原因とはどんなものなのか、調べてみました。
お腹が張るという症状は、一般的にガスがたまっている状態です。
お腹が張っていると感じると、膨満感や不快感がお腹に感じます。
便秘が原因の場合は、便がたまって腸内環境の悪化により、腸の中にガスが大量に発生してます。
おならが出てもまた溜まるの繰り返すことで不快症状になります。
また、おならがしたくてしょうがないけど、学校や会社など人目があっておならが自由にできないと我慢してしまいます。
そうなるとガスが大量にたまってお腹が張るという原因になります。
便秘じゃないのにお腹が張る人は、腸内環境の悪化や飲食物・生活習慣・ストレスなどが原因として考えられます。
炭酸飲料が好きな人や、早食いで食事の際に空気も一緒に飲みこんでいる人は便秘じゃないのにお腹が張るという症状になりやすいものと考えられます。

スポンサーリンク

肉食が好きだったり、野菜不足の食生活の人も便秘じゃないのにお腹が張るという状況になりやすいので注意が必要です。
肉料理を食べるとタンパク質と脂質が体内に入ります。
分解される際にタンパク質はガスを発生させるため、お腹が張る原因の一つになることが考えられます。
肉を少なめにし、バランスのいい食生活を心がけることで、ガスの発生を抑えるとともに腸内細菌にもいい影響を与えます。
ヨーグルトなどの善玉菌が含まれている食品や、納豆・キムチなどの発酵食品を取り入れることで、町内の善玉菌を増やすことが可能になります。
また、ストレスを抱えている人は、ストレスにより胃腸の働きを弱めてしまい、腸内細菌の悪玉菌を増やしてしまうことにもなります。
ストレスによって暴飲暴食をする人も、お腹が張る食べ方や飲み方になりガスがたまりやすいのです。
ストレスを適度に発散する方法を見つけることが大切です。
睡眠や休息をとり、バランスのよい食生活を心がけることで、お腹の張りを抑えることが可能になります。

スポンサーリンク