盲腸 症状 便

盲腸になった時の症状と便通

スポンサーリンク

盲腸とは虫垂炎が正しい病名です。
虫垂が細菌感染により炎症を起こすことで虫垂が腫れて急に激しい腹痛や発熱の症状が起こります。
虫垂が腫れる原因として、便秘などで便が固くなってたまったものが虫垂の中に詰まって炎症が起こることや、ウイルス感染などで炎症が起きることもあります。
また、免疫力低下やストレスによる糞石なども原因の一部ではないかと言われています。
しかし、虫垂炎となる具体的な原因は未だに特定されていません。
最初はみぞおちのあたりが痛くなり、だんだんとお腹全体に広がってゆきます。
おへそのあたりや右下腹部に痛みが移り、また発熱を伴うことで盲腸の可能性がでてきます。
盲腸はずっと痛みが続く場合や、痛みがいったん治まったりすることもあり、受診するのが遅れることがあります。
ただの腹痛と思って様子を見たり、受診をためらって放置していると次第に病状が悪化し、時に命にかかわる危険性もあります。
盲腸は放っておいて治るものではないので、必ず受診しましょう。

スポンサーリンク

盲腸の症状で受診した場合、問診や腹部の触診で診断がつく場合が多いです。
右下腹部を抑えた時に痛みがピークになり、反跳痛といって、腹部を抑えてすぐ手を離したときに起きる痛みの症状が出るのが特徴です。
また、血液検査で炎症反応数値を確認し、腹部の超音波検査やCT検査をして確定診断が出ます。
盲腸は早期発見することが出来れば薬物療法で治すことも可能です。
抗生物質を投与して炎症を抑えるもので、一般的に「散らす」というやり方です。
薬物療法で炎症が抑えられない時や再発・腹膜炎を起こしている場合などは手術によって虫垂を切除します。
手術は腹腔鏡手術や開腹手術があり、腹腔鏡手術では傷口が小さくて済むため術後の痛みも少なく、入院期間が短いというメリットがあります。
しかし、腹膜炎など進行が激しい場合は開腹手術が必要になってきます。
手術後は安静にして、腸の機能が戻るのを待ちましょう。
術後は腸の動きが弱く、排便時などにいきんだりすることは避けましょう。

スポンサーリンク