胃痛 下痢 ガスがたまる 原因

胃痛と下痢、ガスがたまる原因は?

スポンサーリンク

腹部にガスがたまる上に、胃痛があるという症状に苦しんだことのある女性は、世の中に多いとされています。
この原因として考えられるのは、胃腸の働きの低下です。
食物をうまく消化できないと、胃腸の中でそれが発酵し、ガスがたまるという現象が起きるのです。
その結果、腹部に膨満感を覚え、胃痛が生じるようになります。
これが起きる原因としては、不規則な生活やストレスなどが考えられています。
特に女性の場合は、人前でおならをすることを避ける傾向にあるため、余計にガスがたまる傾向にあるのです。
そして便秘と下痢は密接な関係にあります。
どういう意味なのかと言いますと、人間の腸は便を無限にためられるようにはできておらず、限界が来たらそれを排出するからです。
そのため、便秘がちな人は、一定の周期で下痢を迎えることにもなります。
これは心身に負担をかけるものであるため、褒められた状態ではありません。
定期的に便通が来るように、生活習慣を改めましょう。

スポンサーリンク

胃痛と下痢をもたらすものとしては、炭酸飲料の飲み過ぎもあります。
これはアルコールを含む、ビールだとより顕著になります。
たいていの人間はアルコールを摂取すると気が大きくなるため、それと一緒に食品を過剰摂取する傾向にあります。
それが胃腸に負担をかけ、胃痛や下痢の原因となるのです。
これは仕事柄お酒を飲む回数が多い人だと、改善が難しいという事情があります。
しかし無茶をすればするほどに、胃腸が荒れていくため、限界をわきまえる必要があります。
便秘を解消するためだと、食物繊維を摂取した結果、体内にガスが生じるということもあります。
これは芋類をたくさん食べたときほど顕著になります。
そしてたまったガスは胃腸を圧迫し、それが胃痛に結びつくのです。
いずれの場合にしても、生活習慣が体調を悪化させる原因となっています。
胃腸の具合がよくないのであれば、日頃食べているものを含めて、生活全体を見直すようにしましょう。
何をするにしても、身体が資本というのを、忘れてはいけません。

スポンサーリンク