嘔吐 下痢 大人 期間

大人が嘔吐や下痢を発症した場合の潜伏期間について

スポンサーリンク

大人が嘔吐や下痢を同時に発症させてしまう病気があり、これには主に2種類に分けて分類されていることが多いです。
そこでこれらを1つずつ説明をしていくと、最初は細菌性腸炎と呼ばれている病気となっています。
これは最近に感染することで発症する病気となっており、食中毒がその代表的な症例として多くの方に認識されています。
潜伏期間については個人差がありますが、一般的に半日から2日前後と比較的短時間で治まることが多いです。
基本的に生の食材を食べることによって発生するため、予防策として加熱処理をされた野菜などを中心に食べると良いです。
また加熱処理が不十分な場合においても、同様の症状や細菌に感染してしまうことがあります。
さらに嘔吐物の処理についても注意が必要であり、使い捨てのマスクとゴム手袋を着用して作業を行っていきます。
理由として空気感染もすることがあるので、何も考えずに処理することは二次感染を引き起こす要因となることがあります。

スポンサーリンク

 大人が嘔吐と下痢を同時に発生させてしまう2つめの原因として、ウィルスに感染した場合によるものがあります。
ウィルスとは細菌とは異なって性質があり、人や動物の中で増殖していく特徴があります。
ですが抗生物質を投与しても効果がないため、その点が細菌とは大きく異なっている点となります。
潜伏期間については1日から1週間程度となっており、細菌に比べてやや日数が長くなっています。
なので早めに病院で治療を受けることが大切ですが、応急処置として水分補給をすることがポイントです。
人は体の水分量が低下すると免疫力も低下するため、そうならないための対策として行っていきます。
また食事についても消化の良いものを中心にすることで、食欲不振を発症しなくなるメリットが得られます。
予防策として手洗いやうがいをすることも重要であり、必ず石鹸を使用して綺麗にすることがポイントです。
このようにウィルスは細菌とは潜伏期間が若干異なっており、最長で1週間ほど治療に時間がかかることがあります。

スポンサーリンク