胃痛 下痢 ガス 原因 対処法

胃痛を伴う下痢やガスの原因と対処法

スポンサーリンク

日常生活の中で「胃痛」を起こすことは誰にでもあり得ることです。
その主な原因は色々とありますが、胃痛の他に「下痢」や「ガス」が伴う場合は、腸に何らかの問題が起きていることが多いと言われています。
単に「下痢」と言っても、胃痛を伴う場合と、そうでない場合があります。
まず胃痛を伴う場合ですが、これは「急性胃腸炎」の可能性が高いです。
主な原因は、冷たいものの摂りすぎ、アルコールや香辛料、ストレスなどが挙げられます。
その結果、胃の「粘膜」がダメージを受けてしまい、消化機能が低下してしまいます。
消化機能が低下すると、内容物がしっかりと消化できずに「腸」に届けてしまいます。
そのため、消化吸収がうまくできずに「下痢」を起こしてしまうのです。
この場合の対処法としては、まず胃に負担のかからない食事をすることが重要になります。
おかゆやうどんなど、消化の良いものを少しずつ摂るようにし、胃を慣れさせていきます。
この時、乳酸菌やビフィズス菌などの「善玉菌」を取り入れると効果が上がります。

スポンサーリンク

次に、下痢だけの場合ですが、体内の老廃物や有害なものを一刻も早く排出しようとして、自然な反応の場合が多いです。
症状が出ている間は辛い状態が続きますが、薬で無理に止めてしまうと、体外に排出されるべき有害物質が、逆に腸から「吸収」されてしまうことがあり、その結果、思わぬ不調を引き起こすことになるので注意が必要です。
症状が出ている場合の対処法ですが、水分が欠乏しやすくなっているので、脱水状態にならないようにこまめに「水分補給」をすることも必要です。
また、その他の症状として、お腹に「ガス」が溜まることもあります。
ガスが頻繁に出る場合は、腸内の異常発酵が盛んになっているからです。
「発酵」と聞くと良い意味のことが多いですが、ガスが出る場合は悪い意味であり「腐敗」という意味でもあります。
その原因は、腸内環境が悪化することで「悪玉菌」が優勢になります。
そして、老廃物などを餌にして、悪玉菌の活動が活発になり「ガス」が発生するのです。
臭いも強烈なものが出ることが多く、これは「腐敗」によるものと言われています。
このような溜まったガスを抜く対処法としては、生活習慣の見直しが重要になります。
適度な運動や食事の見直しが必要となります。
特に、肉類や甘い菓子類はガスが溜まりやすいので注意が必要です。
生活習慣を見直し、適度な運動をすることで腸内環境が改善され、症状も緩和されます。

スポンサーリンク