幼児 嘔吐 腹痛 微熱 病気

幼児の嘔吐や腹痛、微熱で考えられる病気

スポンサーリンク

幼児はまだ体の機能が未発達で、抵抗力も弱いため、よく風邪を引いたり、腹痛を起こしたりすることがあります。
しかしそんな時でも、痛みがさほどでもない、あるいは熱も微熱程度で、機嫌がよさそうな時は特に心配はいりません。
その逆に、あやしてもむずかるとか、好きなお菓子にも手を出さない、あるいはこちらからの問いかけに反応がまったくないという時は、重い病気であることも考えられますので、すぐに小児科に連れて行くようにしましょう。
特に熱が高い、脱水症状や意識障害があるといった場合は、動かさないようにして、救急車を呼ぶようにしてください。
最初は腹痛や風邪といった症状であっても、急に重くなって容体が悪化するということもよくありますので、気をつけるようにしましょう。
最初は単なる腹痛だと思っていたのに、時間が経つにつれて激しい痛みを訴えたり、あるいは嘔吐や下痢がひどくなったりということもあります。
前者の代表例が虫垂炎、いわゆる盲腸炎、後者の代表例がウイルス性胃腸炎です。

スポンサーリンク

ウイルス性胃腸炎は、幼児の場合はロタウイルスに感染することが多く、嘔吐や白っぽい下痢、38度程度の熱を伴います。
ウイルスを外に出してしまった方がいいので、下痢止めは避けて、症状が治まるまで、こまめに水分補給をさせるようにしましょう。
また感染力が強いので、便やおむつの取り扱いに気をつけてください。
そして盲腸炎ですが、この場合は最初はお腹全体が痛み、嘔吐することもあります。
しかし時間が経つにつれて右下腹部がむようになり、37度から38度ほどの微熱が出ます。
痛みが激しいので泣き出すこともあり、右の膝を曲げるようにしますので、このような場合は微熱であっても救急車で病院に連れて行きましょう。
放っておくと腹膜炎を起こす恐れもあります。
幼児の病気は短時間で進行するものが多く、また自分でうまく痛みを伝えることができないため、つい見落としがちになることもあります。
いつもより食欲が無い、泣き方がおかしい、そして機嫌が悪い場合は、まず病院に連れて行くようにしましょう。

スポンサーリンク