過敏性腸症候群 仕事 辞める

過敏性腸症候群により仕事を辞める選択

スポンサーリンク

胃腸の病気の中に過敏性腸症候群と呼ばれている病名があり、主にお腹に不快感を感じたり痛みを発することが特徴です。
そこでこの病気によって仕事を辞めることがあるかについてですが、基本的に十分可能性としてはあります。
この病気の発症理由の中にストレスが強く関係しており、仕事をすることで症状が悪化してしまうことが考えられるからです。
軽い過敏性腸症候群であれば問題はありませんが、一定レベル以上の症状になると日常生活に支障が出ることが多いです。
その場合においては治療に専念をしなければならないので、仕事を辞めるといった選択肢が必要になることがあります。
なので治療に専念をしない場合において、逆に症状を悪化させることにつながってしまいます。
よって治療に専念をするために必要なことでもあるため、退職という選択肢が出てくることがあります。

スポンサーリンク

 過敏性腸症候群という病気の原因としてストレスが強く関係しているので、症状の重さによっては仕事を辞めるというケースもあります。
そこでこの病気を発症することによって、どういった症状が起こりやすくなるのが少し説明をしていきます。
主にお腹の張りや残便感といった症状が出やすくなってしまい、空腹時でなくてもお腹がゴロゴロと鳴ってしまうこともあります。
こういった症状が日常的に発症してしまうので、患者自身の精神状態も不安定になることが多いです。
またストレスが多く蓄積されてしまうので、それが原因で不眠やうつ病といった病気を発症してしまうことがあります。
なので治療をしないで放置をすることで、心の病気まで誘発してしまうことがあるので注意が必要です。
過敏性腸症候群は内科か胃腸科で治療が可能なので、うつ病などを発症させる前に治療を受けることが大切です。

スポンサーリンク