感染性胃腸炎 お風呂 感染

感染性胃腸炎はお風呂で感染する?

スポンサーリンク

感染性胃腸炎という病気は他人に移ることがある病気となっており、一例としてお風呂でも感染してしまうことがあります。
この病気の原因としてウィルスによるものが強くなっており、お風呂のように高温の場所でも死滅しないことが多いです。
そのため感染性胃腸炎の後に湯船に浸かってしまうことで、ウィルスに新たに感染してしまうことがあります。
一般的にウィルスの死滅する温度についてですが、85度以上あれば滅菌することが可能となっています。
なので家族にこの病気に感染している方がいる場合には、非常に注意が必要となります。
対策としては、最後にお風呂に入ってもらうことで他人に移ってしまうリスクをある程度避けることが出来るようになります。
そうすることで効率良く入浴出来るようになるので、そういった工夫や配慮も時には必要となっています。

スポンサーリンク

 お風呂とはサウナに近い場所となっており、基本的に体の汚れを落とすために入ることが特徴となります。
一般的に感染性胃腸炎患者が入浴する時には、最後に入ることによって他人に感染してしまうリスクを回避することが出来ます。
ですが危険なのは湯船だけではなく、体を洗った時に使用した石鹸や桶などにも注意が必要となります。
基本的にこれらは素手で触れてることが多いので、それによって道具などにウィルスが付いてしまうケースがあります。
桶は家族共用で使用することが多いため、掃除をする時に手袋などを着用して綺麗にしていきます。
また固形石鹸を普段から使っている場合においては、病気を発症している方については別の対策を練る必要があります。
近年はプッシュ式の石鹸やボディーソープが販売されているので、そちらに切り替えることで感染に対する予防をすることが出来ます。

スポンサーリンク