感染性胃腸炎 出席停止 期間

感染性胃腸炎の出席停止期間と対処法

スポンサーリンク

感染性胃腸炎とは、ウイルスや細菌などの病原体のために引き起こされる感染症のひとつです。
寄生虫が原因の場合もあり、感染経路としては接触や経口が考えられます。
症状が軽い場合は風邪と間違えられることもあります。
例年、秋から冬の期間での流行が懸念され、厚生労働省が注意喚起をしています。
治療法には特別なものがなく、症状に適した対症療法が中心です。
子供が感染性胃腸炎と診断された際、ドクターの判断によって学校や幼稚園・保育園への出席停止になることがあります。
出席停止の判断がされた場合は治るまで出席できません。
ただし、潜伏期間は2日程なので、出席停止期間は3日くらいの場合が多いです。
出席停止の判断がされた場合でも、届け出をすることによって欠席扱いにはなりません。
胃腸に優しく消化しやすい食事をとるよう心がけ、回復まで安静にしておきましょう。

スポンサーリンク

原因のひとつであるノロウイルスについては、ロタウイルスのような予防接種はありません。
ノロウイルスはウイルスの中でも小型で、人の体内でしか増殖しませんが、ロタウイルスは人から人に感染します。
食事の前はもちろん、トイレの後や外出から戻った時は必ず石鹸と流水でこまめに手洗いするよう意識しておきましょう。
感染性胃腸炎主な症状はおう吐・下痢、軽度(37〜38℃)の発熱などですが、感染の原因となった病原体によって多少差異があります。
また症状として腹痛がみられる場合もあり、個人差があります。
小学生などの子供の場合は特におう吐が多く、乳児ではけいれんを起こすケースもあります。
場合によっては感染しても発症しないこともあります。
特に子供は下痢やおう吐によって脱水症状を起こすことがあり、その場合は命にも関わることです。
十分な水分補給を心がけてください。

スポンサーリンク